白内障 市販 目薬 種類

白内障の治療目薬 種類はどれくらいあるの?

白内障の進行を食い止めるための目薬にも色々な種類があります。

 

カタリン・カタリンK・カリー・カリーユニなどのピノレキシン製剤と言われるものや、タチオン、ノイチオン、チオグルタン、グルタチオン、イセチオン、ピネチオンなどのグルタチオン製剤と言われるものが日本では広く使用されています。

 

いずれも白内障の進行を遅らせるために用いられるもので、進行そのものを食い止めるものではありません。

 

また、目薬は古いものは使用に向きませんので、封を開けたら早く使いきり、残った製剤は間違って点眼するのを避けるためにも必ず廃棄することが大切です。

 

 

また、最近ではクララスティルという白内障用の点眼薬にも注目が集まっています。

 

ロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士が発見し、開発した目薬で、老人性白内障以外にも糖尿病性、アトピー性の白内障に優れた効果が認められており、すでにヨーロッパ・ロシア・東南アジアでは実績があります。

 

nアセテルカルノシン・非加水分解カルノシン(NAC)という、体内で合成出来ない複合アミノ酸を目薬として投与することで眼球に直接酸化防止剤として作用するというもので、10年の臨床試験を経て安全規格CEマークを医薬品として取得しました。

 

アメリカで特許承認されたのが2010年9月という薬ですのでとても新しく、現在日本でも特許申請中ということです。

 

今後日本の治療現場でも名称を聞くことがあるかもしれませんね。

 

優れた効果を発揮してくれることを祈ります。

 

なお、nアセテルカルノシン配合の目薬は通販で購入可能です。

 

⇒ nアセテルカルノシン点眼薬 楽天最安値はこちら

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障の治療目薬 種類はどれくらいあるの?関連ページ

市販されている白内障目薬
市販されている白内障目薬について解説します。
白内障の治療目薬の効果
白内障の治療目薬の効果についての情報を掲載しています。
カタリン点眼液・カリーユニ点眼液
白内障の治療目薬 カタリン点眼液、カリーユニ点眼液について解説します
白内障目薬の副作用は?
白内障の治療目薬の副作用について解説します。比較的副作用が少ないものが選ばれています