白内障 目薬 カタリン点眼液 カリーユニ点眼液

白内障の治療目薬 カタリン点眼液・カリーユニ点眼液

白内障の点眼液にはいくつか種類があります。

 

カタリン点眼用0.005%、カタリンK点眼用0.005%、カリーユニ点眼液0.005%の他ジェネリック医薬品があります。

 

一般名はピレノキシンと言いますが、白内障の進行を遅らせる目薬として広く使用されています。

 

 

白内障の初期で、まだ視力が保たれている場合に用いられる目薬であり、白内障の進行を遅らせる効果があります。

 

薬の性質からいって長期使用することになりますが、副作用はほとんどない薬ですので長く根気よく治療を続けるようにしましょう。

 

残念ながら水晶体が白濁してしまうと、それを元の透明な状態に戻すことは出来ません。

 

白内障が進行して視力に障害が出てきた場合は手術を行うしかありません。

 

カタリン点眼液

点眼する時に錠剤を溶解液で溶解して1回1〜2滴を1日3〜5回点眼します。

 

カタリンK点眼用

点眼する時に顆粒を溶解液で溶解して1回1〜2滴、1日3〜5回点眼します。

 

カリーユニ点眼液

点眼する時によく振って製剤を混ぜたのち、1回1〜2滴、1日3〜5回点眼します。

 

 

カリーユニ点眼液は常在や顆粒を溶かす手間がない分使い勝手が良いかもしれませんね。

 

副作用は比較的少ないですがゼロではありません。

 

まぶたのただれ、接触皮膚炎、眼痛、見えにくい、目の異物感、結膜充血、眼刺激感、目のかゆみなどが報告されていますので、もし何か違和感を感じたら必ず使用を止めて主治医に相談して下さい。

 

目薬には使用期間がありますので、残った薬は必ず捨てることも大切です。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障の治療目薬 カタリン点眼液・カリーユニ点眼液関連ページ

市販されている白内障目薬
市販されている白内障目薬について解説します。
白内障の治療目薬の効果
白内障の治療目薬の効果についての情報を掲載しています。
白内障目薬の種類
白内障の目薬の種類についての情報を掲載しています。
白内障目薬の副作用は?
白内障の治療目薬の副作用について解説します。比較的副作用が少ないものが選ばれています