白内障 目薬 市販

白内障目薬 市販されている目薬はあるの?

白内障の治療用目薬が市販されているようです。

 

アセテルカルノシン配合の点眼薬なのですが、含まれるnアセテルカルノシンという成分はアミノ酸のことです。

 

これはロシアの研究チームが効果を確認したもので、老人性白内障の他にも糖尿病性白内障やアトピー性白内障に対しても効果が認められています。

 

 

nアセテルカルノシン目薬は眼球でカルノシンに変化、強力な酸化防止剤として働くというもので、比較的初期段階の白内障の場合、こういった点眼液を使用したりルテイン配合のサプリメントで食い止めることも可能とされています。

 

白内障は進行すると最終的には手術によって水晶体を取り除く以外治療法がありませんが、なんとか手術を避けたいと考える人ももちろんたくさんいますので、こういった薬が広く使用されています。

 

 

nアセテルカルノシン点眼薬は白内障を食い止める働きが認められていますが、ルテイン配合サプリメントは白内障以外にも緑内障や黄斑変性症などの予防としても用いられます。

 

nアセテルカルノシン点眼薬は2ヶ月分で4,980円程度、サプリメントは同じく2ヶ月分で6,980円程度で販売されています。

 

⇒ nアセテルカルノシン点眼薬 楽天最安値はこちら

 

 

白内障が進行するにつれて眼底の圧力があがり急性緑内障発作を引き起こす場合があり、その際には緊急手術となります。

 

非常に激しい痛みを伴いますので、白内障の進行を食い止めると同時に緑内障への発展にも注意する必要があります。

 

一番良いのは水晶体が硬化してしまう前に手術を行うことですが、目の手術はどうしても不安がつきまといますよね。

 

進行を確実に食い止められる薬が開発されることを心から願います。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障目薬 市販されている目薬はあるの?関連ページ

白内障の治療目薬の効果
白内障の治療目薬の効果についての情報を掲載しています。
カタリン点眼液・カリーユニ点眼液
白内障の治療目薬 カタリン点眼液、カリーユニ点眼液について解説します
白内障目薬の種類
白内障の目薬の種類についての情報を掲載しています。
白内障目薬の副作用は?
白内障の治療目薬の副作用について解説します。比較的副作用が少ないものが選ばれています