白内障 市販 目薬

白内障の目薬について解説します記事一覧

白内障目薬 市販されている目薬はあるの?

白内障の治療用目薬が市販されているようです。アセテルカルノシン配合の点眼薬なのですが、含まれるnアセテルカルノシンという成分はアミノ酸のことです。これはロシアの研究チームが効果を確認したもので、老人性白内障の他にも糖尿病性白内障やアトピー性白内障に対しても効果が認められています。nアセテルカルノシン...

≫続きを読む

白内障の治療目薬 その効果は・・・

白内障の目薬は、生活に支障が出ていない初期症状の場合、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療を行うのが基本です。目薬には症状を食い止める効果はありますが、残念ながら進行そのものを食い止める効果はありません。現代医学をもってしても、まだ白内障を完全に食い止める効果のある薬は開発されていないの...

≫続きを読む

白内障の治療目薬 カタリン点眼液・カリーユニ点眼液

白内障の点眼液にはいくつか種類があります。カタリン点眼用0.005%、カタリンK点眼用0.005%、カリーユニ点眼液0.005%の他ジェネリック医薬品があります。一般名はピレノキシンと言いますが、白内障の進行を遅らせる目薬として広く使用されています。白内障の初期で、まだ視力が保たれている場合に用いら...

≫続きを読む

白内障の治療目薬 種類はどれくらいあるの?

白内障の進行を食い止めるための目薬にも色々な種類があります。カタリン・カタリンK・カリー・カリーユニなどのピノレキシン製剤と言われるものや、タチオン、ノイチオン、チオグルタン、グルタチオン、イセチオン、ピネチオンなどのグルタチオン製剤と言われるものが日本では広く使用されています。いずれも白内障の進行...

≫続きを読む

白内障の治療目薬の副作用について解説します

白内障の目薬は、進行を食い止めることが一番の目的であるため長期使用になることが大前提となります。比較的副作用が少ないものが選ばれていますが、薬である限り副作用がまったく無いというのも難しい話です。報告されている主な副作用は以下の症状です。まぶたのただれ接触皮膚炎眼痛見えにくい目の異物感結膜充血眼刺激...

≫続きを読む

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>