白内障 手術 費用 後期高齢者

白内障の手術費用 後期高齢者の場合はどれくらい?

白内障の手術は現在では全額保険適用対象となります。

 

手術の内容は目の中の水晶体を取り除いて人工のレンズに置き換えるという施術なのですが、平成4年4月以前は目の中に入れる人工レンズの費用は全額自己負担でした。

 

片目のレンズで約10万円ほどするものでしたので、手術費用などを合わせたらかなりな高額出費でした。

 

保険が適用されるようになって本当に助かりますね。

 

 

通常の国民健康保険だと3割負担、高額収入者のある後期高齢者は2割負担、通常の後期高齢者は1割負担ですので、手術費用は概ね50,000円、32,000円、16,000円くらいを目安にしておけば良いでしょう。

 

両目の場合は倍になります。

 

実際の手術費用は手術の方法や点滴費用、投薬費用などによって変わりますし、手術を受ける人が何か他の疾患を持っている場合にはもっと費用がかかる場合もありますので詳しくは個別に確認して下さい。

 

 

生命保険に加入している場合、白内障で手術をすると給付金が支給されるプランもあるようですので、該当がないか忘れずに確認してみましょう。

 

白内障は特に高齢者に多い病気ですので、手術を行うのも必然的に高齢者が多くなります。

 

歳を理由に手術を拒む人も多いと言いますが、白内障は進行を放置しておくと他の目の病気を併発する危険性がありますので、出来ればなるべく早く手術を受けたほうが良いでしょう。

 

特にブドウ膜炎などは非常に激痛を伴い、発症したら緊急手術になってしまいます。

 

急性緑内障なども急性手術の末、視界が欠けてしまう後遺症を生じる可能性が高いですので、白内障のうちに対処したほうが失うものが少なくて済むかもしれません。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障の手術費用 後期高齢者の場合はどれくらい?関連ページ

費用は?保険は適用される?
白内障 手術 費用は?保険は適用される?などの疑問について解説します。
入院は絶対に必要なの?
白内障の手術費用 入院は絶対に必要か解説します。
医療費控除の対象になるの?
白内障の手術費用は医療費控除の対象になるのか解説します。
入院期間はどれくらい?
白内障手術 入院期間はどれくらいかかるのか解説します。
白内障手術後の見え方
白内障手術後の見え方について解説します。
白内障の手術時間はどれくらい?
白内障の手術時間はどれくらいかかるのについての情報を掲載しています。