白内障 手術時間

白内障の手術時間はどれくらいかかるの?

白内障の手術ほど、ここ10年ほどで進化したものはないと眼科医も口を揃えていますね。

 

今では局部麻酔で手術時間はおよそ20分ほどその後安静にする時間も30分から45分ほどと言いますので、その後は歩いて自宅に帰り、自宅療養するのが一般的な施術の光景となっています。

 

 

昔は抗生物質の点滴が頻繁に必要だったために入院を余儀なくされていましたが、今では点眼薬を点眼するだけで抗生物質の成分を行き渡らせることが出来るようになったことで自分で自宅で術後治療を行うことが出来るようになったのです。

 

使う機材も超音波装置になり、目の中に入れる人工レンズもなんと折り畳んで目の中に入れることが出来るようになったため、傷自体もわずか3mmほどで済むようになっています。

 

医療技術の進化は患者にとっても負担がとても軽くなるため非常に助かりますね。

 

特に白内障手術は高齢者が受けることが多い施術ですので、時間短縮などは本当に理想的な進化と言えます。

 

 

但し、以上は他に大きな疾患などが無い場合ですし、目の中の水晶体が固くなり過ぎていたりすると時間がとてもかかる場合があります。

 

場合によっては超音波装置による施術が不可能な場合もありますので、条件は確認が必要です

 

糖尿病のような病気は術中や術後の抗生物質の投与などにも注意が必要ですので大きな手術になる可能性もありますし、術後の回復期間も長くなる可能性がありますので、出来れば白内障手術は水晶体が柔らかいうちに行うほうが負担が少なくて済むでしょう。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障の手術時間はどれくらいかかるの?関連ページ

費用は?保険は適用される?
白内障 手術 費用は?保険は適用される?などの疑問について解説します。
後期高齢者の場合はどれくらい?
白内障の手術費用 後期高齢者の場合はどれくらいか解説します。
入院は絶対に必要なの?
白内障の手術費用 入院は絶対に必要か解説します。
医療費控除の対象になるの?
白内障の手術費用は医療費控除の対象になるのか解説します。
入院期間はどれくらい?
白内障手術 入院期間はどれくらいかかるのか解説します。
白内障手術後の見え方
白内障手術後の見え方について解説します。