白内障 手術 入院期間

白内障手術 入院期間はどれくらいかかるの?

白内障手術はここ10年で非常に進化し、今では日帰り手術が主流となりました。

 

手術自体は20分程度で済みますし、その後の安静は30分から40分くらいで、後は歩いて自宅に帰ることが出来ます。

 

食事も通常通りで問題ありませんし、翌日には視力が回復していることに感動出来るでしょう。

 

 

他に重い疾患などもなく、体力的にも無理がなければ日帰り手術で自宅療養のほうが安心出来ると思います。

 

ただし、何か他の疾患が影響する場合は当然のこと、高齢であったり一人暮らしであったりする場合には入院を選ぶ人のほうが多いでしょうし、医師もそちらを勧めるでしょう。

 

 

入院期間はその人の状況によって異なりますので一概には言えませんが、順調であれば概ね3日から1週間くらいになることが多いようです。

 

但し、他の疾患による合併症などがある場合はもっと長く入院期間が必要な場合もありますし、回復が遅れればそれだけ長く入院することになります。

 

 

また、両目を手術する必要がある場合、一度に両方の手術は行いませんので、少なくとも1週間の間隔をあけてもう一方のほうの目の手術を行うのが一般的です。

 

そのため、回復に何の問題もなくても両目を合わせて1ヶ月近くの入院期間になる可能性もありますし、場合によっては両目で2ヶ月近くの入院期間を見なくてはいけない場合もあります。

 

 

また、日帰り手術と言っても投薬と通院は必ず必要です。

 

眼の状態が安定するまでは1日数回点眼による抗生物質の投薬が必要ですし、傷が癒えるまで少なくとも1ヶ月はかかりますのでその間は注意が必要です。

 

術後すぐは消毒と検査が必要で、その後安定したら定期的な検診が必要です。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障手術 入院期間はどれくらいかかるの?関連ページ

費用は?保険は適用される?
白内障 手術 費用は?保険は適用される?などの疑問について解説します。
後期高齢者の場合はどれくらい?
白内障の手術費用 後期高齢者の場合はどれくらいか解説します。
入院は絶対に必要なの?
白内障の手術費用 入院は絶対に必要か解説します。
医療費控除の対象になるの?
白内障の手術費用は医療費控除の対象になるのか解説します。
白内障手術後の見え方
白内障手術後の見え方について解説します。
白内障の手術時間はどれくらい?
白内障の手術時間はどれくらいかかるのについての情報を掲載しています。