白内障 手術 費用 入院

白内障の手術費用 入院は絶対に必要なの?

白内障で手術を受ける場合、費用はすべて保険適用対象となりますのでご安心下さい。

 

今はほとんどが局部麻酔の手術で、日帰りの手術が主流です。

 

手術にかかる時間も20分程度ですので一昔まえに比べたら圧倒的に受けやすい環境になりました。

 

費用負担は国民健康保険の3割負担であれば片目で約5万円ですべて済む場合が多いです。

 

通常の後期高齢者であれば1割負担で済みますので2万円もしないでしょう。

 

 

手術をする際に入院を希望する人も中にはいるようですが、眼科医によると実際には日帰り手術の希望者のほうが圧倒的に多いそうです。

 

10年以上前は手術後に抗生物質の点滴を朝夕行う必要があり入院が必須とされていましたが、白内障手術が画期的に進化したことで現在では入院が必要なくなりました。

 

 

手術は超音波装置で行いますが、機材がすごいスピードで進化し、抗生物質も目薬で済むようになりました。

 

レンズを固定する技術も進み、傷自体の大きさはたったの3mm以下で手術が終了しますので、昔では考えられないような安全で早い手術が可能となったのです。

 

 

このように手術の負担が非常に軽減されましたので入院の必要はないのですが、何か他の疾患がある人は入院が必要です。

 

ただ、問題が無いようであれば自宅に帰って安静にしたほうが良いでしょう。

 

病院内にはたくさんの人がいますので個室でもなければ安心して眠ることは難しいでしょうし、眼帯をしたまま慣れない病院のトイレに行くのも転倒などの危険性がありますね。

 

「入院したほうが安心」とも言い切れないのが実情です。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障の手術費用 入院は絶対に必要なの?関連ページ

費用は?保険は適用される?
白内障 手術 費用は?保険は適用される?などの疑問について解説します。
後期高齢者の場合はどれくらい?
白内障の手術費用 後期高齢者の場合はどれくらいか解説します。
医療費控除の対象になるの?
白内障の手術費用は医療費控除の対象になるのか解説します。
入院期間はどれくらい?
白内障手術 入院期間はどれくらいかかるのか解説します。
白内障手術後の見え方
白内障手術後の見え方について解説します。
白内障の手術時間はどれくらい?
白内障の手術時間はどれくらいかかるのについての情報を掲載しています。