白内障 初期症状 眩しい

白内障の初期症状 光が眩しいと感じたら眼科へ!

白内障の初期症状に、異常に光が眩しいというものがあります。

 

白内障は時間をかけて徐々に進行していく病気ですが、初期症状のうちに適正な診断を受けて投薬することでその進行を遅らせる治療がありますので、まずは視力に問題や違和感を感じたら眼科を受診することが大切です。

 

 

白内障は進行が進むとほとんど物が見えなくなりますが、これは目の中の水晶体というレンズがたんぱく質で濁ってしまうことで起こります。

 

他の神経や部位に問題が無ければ、手術でこの水晶体を取り除き、代わりに人工のレンズを固定することで元のような視界を取り戻すことが出来ます。

 

 

但し、この白内障の手術を行った後にも、眩しさを感じる場合があります。

 

これは視界が綺麗になったことで大量に光を感じるようになるという意味もあるのですが、本来人間の水晶体が吸収してくれていた波長の短い光を人工のレンズが透過してしまうことも原因です。

 

この場合は、人間の水晶体と同じような働きをする遮光レンズというものを活用することで日常生活に支障が出ないようにすることが出来ます。

 

 

遮光レンズは、条件に該当する場合、障害者自立支援法に基づく補装具に該当する遮光眼鏡の購入に関して市区町村から補助が受けられる場合がありますので、住んでいるところの福祉保健窓口に確認してみると良いでしょう。

 

通常のサングラスや偏光レンズでは、周りが暗くなりすぎてとても危険ですし、色のコントラストが分かり難くなってしまうので車の運転には支障が出てしまいますのでご注意下さい。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障の初期症状 光が眩しいと感じたら眼科へ!関連ページ

白内障の症状 チェックテスト
白内障の症状をチェックするためのテストを掲載しています。
白内障 年齢による症状
白内障は年齢によって発症する確率が高くなります。
症状の進行を遅らせる方法は?
白内障 症状の進行を少しでも遅らせるにはどうすればよいかにうついての情報を掲載しています。
遮光レンズがおすすめ!
白内障 症状 光がまぶしい場合は遮光レンズがおすすめです。
羞明ってどんな症状なの?
白内障 症状 羞明というのがどんな症状なのか解説します。
アトピー性皮膚炎の人は発症しやすい?
白内障 症状 アトピー性皮膚炎の人は発症しやすいのか解説します。