白内障 症状 まぶしい

白内障 症状 光がまぶしい場合は遮光レンズがおすすめ!

白内障の症状の中に、光がまぶしいというものがあります。

 

少し明るいところに出ただけでもまぶしくて見えにくいといった症状を感じたら、眼科へ行って白内障の検査を受けたほうが良いでしょう。

 

これは白内障の初期症状としてよく知られていることで、水晶体が濁り始めたことで光が拡散してまぶしさを感じてしまうのです。

 

 

また、白内障は症状が進行すると、手術で水晶体を人工のレンズに入れ替えるという施術が行われます。

 

この手術によっても、術後まぶしさを感じるようになります。

 

これは周りがクリアに見えることになったことで光を大量に感じるようになったということもありますが、人間の水晶体が吸収していた短い波長の光を、人工のレンズでは吸収できず透過してしまうという原因もあります。

 

 

こうした白内障に関わるまぶしさに対しては、通常のサングラスをかけてしまうと逆に暗くなって物が見え難くなってしまう場合があります。

 

色のコントラストも分かり難くなりますので日常生活に不都合を感じる人もいるでしょう。

 

対策としては「遮光レンズ」の使用がお勧めです。

 

 

遮光レンズには短波長光をカットしてコントラストを高めた医療用のカラーレンズがあり、白内障の術後のための水晶体に近い透過性を持つカラーレンズなどもあります。

 

日常的にまぶしさが強いと車の運転に支障が出て非常に危険ですし、外出し難くなってしまいますのでカラーレンズを上手く活用すると良いでしょう。

 

偏光レンズは一定方向の光だけをカットするもので、見え方も暗いので遮光レンズのほうが適しています。

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障 症状 光がまぶしい場合は遮光レンズがおすすめ!関連ページ

白内障の症状 チェックテスト
白内障の症状をチェックするためのテストを掲載しています。
白内障 年齢による症状
白内障は年齢によって発症する確率が高くなります。
症状の進行を遅らせる方法は?
白内障 症状の進行を少しでも遅らせるにはどうすればよいかにうついての情報を掲載しています。
白内障の初期症状
白内障の初期症状 光が眩しいと感じたら眼科へ行きましょう!
羞明ってどんな症状なの?
白内障 症状 羞明というのがどんな症状なのか解説します。
アトピー性皮膚炎の人は発症しやすい?
白内障 症状 アトピー性皮膚炎の人は発症しやすいのか解説します。