白内障 症状 手術 市販 目薬

白内障とはどんな病気なの?

白内障という目の病気があります。

 

水晶体というのが目のレンズなのですが、それが濁って視力が低下してしまう病気です。

 

突然すべてが濁って見えなくなってしまうわけではないのですが、物が霞んで見えてきたりぼやけて二重三重に見えたりしてメガネの度を調整したりしても焦点が合わないといった症状が白内障の出始めです。

 

明るいところではまぶしすぎてものが見えないというのも特徴的な症状で、高齢者になるとそういった症状に加えて視界全体が黄色っぽく濁る場合もあります。

 

白内障にかかるのは高齢者が多く老人性白内障と言われます。

 

実は60歳になると70%が視力の低下を訴え、70歳代では90%、80歳代でほぼ100%の人が白内障による視力低下を発症しています。

 

水晶体の中のたんぱく質に変化が起こり、不溶性蛋白が増加することで発症する病気です。

 

 

中には先天性の人もいますし、目に外傷を受けたり、アトピー性皮膚炎や糖尿病が原因の場合もあります。

 

栄養失調などでも起こることがあり、そういった場合は若年層でも発症してしまいます。

 

先天性の場合は遺伝が多く、外傷としては赤外線や放射線の照射があります。

 

アトピー性皮膚炎が原因の場合は治療に使用するステロイド剤の副作用の場合があり、薬物の使用も水晶体に悪影響を与える場合があるので服用には注意が必要です。

 

 

目の病気などで手術を行った後遺症として白内障の進行が早まるケースもあります。

 

一度濁ってしまった水晶体は元の透明性を取り戻すことは出来ませんので、少しでも白内障の発症を先延ばしにする日常からの予防がとても大切です。

白内障はどうやって治療するの?

白内障は、目の中にある水晶体がたんぱく質によって濁ってしまうことで視力が低下する病気です。

 

そして一度水晶体が混濁してしまうと、元の透明性を取り戻す回復手段は残念ながらありませんので、手術で水晶体を人工のレンズと取り替える手術を行う必要があります。

 

 

手術は水晶体を切開して中の混濁した組織を取り出し、人工の水晶体を挿入して固定します。

 

もし網膜や視神経、角膜など他の組織に問題がなければ視力の回復も望めますが、手術前にあらゆる検査を行い、身体の他の部位にも問題がないかどうか内科など他の専門機関で検査を行う場合もあります。

 

疾患の度合いによっては手術が出来ない場合もあります。

 

特に糖尿病には注意が必要です。

 

 

目の手術には恐怖感や不安感が伴い、高齢者には特に辛い経験になりますよね。

 

白内障は突然発症して視力のすべてを失うような病気ではなく、軽度な状態から徐々に進行していく病気のため、視力にあまり影響のない段階から点眼薬や内服薬の投与で白内障の進行を遅らせる治療が試みられています。

 

しかしながら、今現在でも白内障の進行を完全に阻止出来る薬は開発されていません。

 

何もしないよりは少しでも進行を遅らせる努力を行うという意味で投薬が続けられますが、緑内障やブドウ膜炎といった他の病気を併発することもあり定期的に専門医療機関に通って主治医と共に観察を続けなければいけない病気です。

 

 

白内障自体に痛みや違和感などはなく、充血なども起こりません。

 

静かに進行していく怖い病気と言えるでしょう。

 

目は普段から本当に大切にしたいですね。

 

当サイトでは、記載の内容を補償するものではありません。
白内障については専門医にきちんと相談しましょう!

白内障治療の総合情報

<スポンサードリンク>